スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京三菱銀行とUFJ銀行の合併

 夏休みをとっていました、というのは一週間もブログをサボっていた言い訳です。
 さて、2005年10月1日に、現在の東京三菱銀行とUFJ銀行が合併し、新たに「三菱東京UFJ銀行」(長い名前だ…)になります。私は両方の銀行に口座を持っているのですが、東京三菱銀行から合併に関するご案内が郵送されてきました。UFJ銀行からはまだ届いていません(ちなみに私の持っているキャッシュカードはまだ旧三和銀行のやつだったりします)。
 私は海外のアフィリエイトもちょっとやっているので、海外からの送金を受けることがあります。被仕向送金というやつです。これは手数料がバカになりません。これまではUFJ銀行で手数料3,000円を払っていました。東京三菱銀行でも被仕向送金を受けたことがあり、こちらは手数料1,500円だということも知っていたのですが、普段の取引がUFJの方がメインだったので、まあそれくらいいいや、と思っていました。(←商売人としてはあるまじき態度ですねw)
 まあいずれにせよ、統合後は手数料1,500円に統一されるようで、願ったり叶ったりかなというところです。

 ところで、アフィリエイターの方々ならば恐らくすでに持っているであろうジャパンネット銀行イーバンク銀行、もちろん私も口座持っています。どちらをよく使うかといえば、まあ前者のほうですかね。ちなみにこれらのネット専業銀行では、海外からの被仕向送金を受けることはできません。

 海外から送金を受ける場合には、他にも小切手(check)やPayPalなどの方法もありますが、これらについてはまたの機会に。
スポンサーサイト

アフィリエイトの普及による「自営業」の復権?

 最近ではブログ専門のランキングサイトも増えてきた。私も早速人気blogランキングブログ王ランキング、そして週刊ブログランキングくつろぐの3サイトに登録してみた。トップクラスのサイトは週間IN/OUTが数千~数万のレベルで、私のサイトなどは到底手が届かない。しかし気がついたのは、どのサイトもINに比べてOUT数がわりかし多いことだ。ということは現在のブログをめぐる状況は、情報の供給が需要に追いついていない需要過多、もしくは情報の流れがうまく整理されていない状態にあるのではないだろうか。
 もう一つ気がついたのは、どのランキングサイトも「アフィリエイト」というカテゴリーがあることだ。ただし、「ビジネスと経済」の下位カテゴリーにあるか、「コンピュータとインターネット」の下にあるかは分かれるところのようだ。ともかく、ブログ登場以前のサイトを対象にした、例えばRanking LinkYomi-SearchLink & Rankなどのスクリプトを使ったランキング・検索サイトではあまり見られなかったものだ。
 「ブログ」の語と並行して、あるいはそれより僅かに遅れて、「アフィリエイト」という語も市民権を得つつあるということだろうか。アフィリエイトを本業にする人々が増えれば、「資本家と労働者」とか「正社員かアルバイトか、はたまた派遣・契約社員か」とか「一日8時間労働」とか、そういうこれまでの分け方というか、分かりやすい仕事のスタイルがどんどん曖昧になっていくだろう。そうなると、これまで「未法人」つまり法人にまだなれないものというニュアンスが強かった「自営業」という考え方が、新たに見直されるのではないだろうか。

我は如何にしてブログアフィリエイターになりしか

 ブログを利用した美容・健康関連商品のアフィリエイト販売サイトを作っています。以前は手書きHTMLで作っていたサイトですが、新しい商品を載せるのがひどく面倒になり、しばらく放ってあったサイトの完全リニューアルです。
 これまでは電脳卸A8.netの「商品リンク」を利用して、商品カタログのようなページを作っていました。トップページにお奨めアイテムを2,3点並べ、ジャンル別商品ページをいくつか、という構成だったのですが、<TABLE>タグでレイアウトしていたこともあり、アイテムの並べ替えが手間でした。皆さんどうやっているのでしょう。
 CSVファイルを扱える簡易データベースCGIを改造して、商品写真のURL、商品名、リンクURL、価格、紹介文、というフィールドを作って管理すれば楽だろうとは思いましたが、そこからWEBページを生成するとなるとそう簡単にはいきません。デザインの問題もあるし、ちょうどいい既成のスクリプトも見当たらないし、かといって自分で全部作るのは・・・という状況でした。
 そんな中、いろいろと新しい技術やサービスを見ていると、CMS(コンテンツマネジメントシステム)というものがあるらしい。これはどうも私のやりたかったことができるのではないか。しかしどれも帯に短し襷に長しです。XOOPSploneなどはどちらかというとコミュニティサイトを構築するもので、私が一人で管理・更新するサイトには大げさすぎる。CMS Designerというのはなかなか使い勝手も良さそうだが、5万円か・・・という感じで、おそらく他のブロガーの方々とはまったく逆の(?)方向からブログにたどり着きました。
 そこでまた何を思ったか、PHPとSQLベースのメジャーなブログシステムであるMovable Typeを自分の実験用サーバにインストールなど始めました。素直に有名なlivedoor blogでも使っていればいいのに、どうも技術的なことに興味があるようです。
 最終的にというわけではないですが、現在はとりあえずNucleus CMSを使って、初めに書いた美容・健康の販売サイトを作り直しています。ブログもテンプレートやスキンを改造してデザインを相当いじれるようなので、その辺りが今後の課題です。

あるアフィリエイターの業務日誌

 2003年ごろからアフィリエイトを始め、それで生活できるほどではないが、小遣いとしては多いくらいの額を稼げるようになった。2004年に入って、それらの収入を処理するためという口実で個人事業の開業届を出した。それまでもちょくちょくやってきたWEB制作の仕事が一応の看板になっている。簿記・会計の勉強の機会という意味も兼ねて青色申告を選択し、数箇所のASPから振り込まれるアフィリエイト報酬と、プロバイダ代、レンタルサーバ代、こまごまとした事務用品などの経費を記帳するようにした。2004年はアフィリエイトだけで百万弱の収入、経費を乗せて確定申告もした。
 さて、そんな微々たる不労収入にあぐらをかいて、WEB関係の技術的な勉強をすっかりサボってきた結果、周りを見ると名前は聞いたことがあるけどどういうものなのかはよくわからない、ということだらけだった。「ブログ」もその一つだった。そんな2005年に入って、それまで運営していたサイトのアクセス数は右肩下がりに減少し、当然ながら私のアフィリエイト収入も減少している。新しいランキングサイトや検索エンジンに登録したりもしたが、どうやらそんな付け焼刃の対策ではどうしようもないようだ。
 仕方ない、という感じでブログやRSSやXMLやCMSやWikiなど最近のWEBテクノロジーについての勉強を始めた。面白い。これまで「こういうのが欲しいけど自分で一からスクリプト書くのも面倒だ(というかそこまでの力量ない)しなあ・・・と思っていたものもあった。いくつか無料のブログサービスに登録してみたり、自分のサーバにMovable Typeをインストールして弄ってみたりした。プログラマになるなら別だが、アフィリエイターとしてこれらを使う分にはもう十分だ。
 そんないきさつで、主にブログを利用したアフィリエイト活動を開始して間もないが、自分用の備忘録という意味も込めて日誌を書くことにした。もちろんブログでだ。そんなに多くではないが他のアフィリエイターのブログを読んで啓発されたこともある。それと同じように、私が誰かを啓発できるとはあまり思っていない。しかし、それなりのインターネット歴を持ち、アフィリエイト歴も多少あり、技術的なことも多少理解しており、しかしブログ初心者で、アフィリエイトで月に100万も稼ぐ人がどうやっているのかさっぱり分からない、という私と同じような境遇にある読者にとっては、何らかの足しになるかもしれない。

 まずは無料レンタルブログを利用させてもらうFC2 BLOGと、テンプレートを使わせてもらうCHOU-FLEUR-DESIGNに感謝。それからこのブログを始める踏ん切りがつくための直接の契機になったカリスマアフィリエイター共同ブログにも感謝。

«  | HOME |  »

月間アーカイブ

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

著者について

あるアフィリエイター

あるアフィリエイター

31歳・独身・男性。フリーターや大学院生を経て、現在はいちおう自営業ということになっておりますが、他人からみるとニートかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。